当社では、『ヘルパーさんの自家用車を利用して、外出支援を受ける事は出来ませんか?』という要望に応えて、2016年8月に「ケアアンドタクシー猫の手」を開設し、介護保険タクシーの認可を取得するのと同時に「ヘルパーの自家用車による介護輸送サービス」の許可を受け、ドアツードアの移動支援サービスを公共交通機関並みの運賃で提供しております。

 

ヘルパーの自家用車による介護輸送サービスとは?

  • 障害福祉サービスを利用して外出する場合、乗合バスやタクシー等の公共交通機関を利用する事が原則とされていますが、費用や利便性の問題から公共交通機関を利用しづらい障がい者等に対し、ヘルパーの自家用車と障害福祉サービスを組み合わせて安全で安価な輸送を提供するドア・ツー・ドア型の輸送サービスです。
  • サービスを提供する事業所は、介護タクシーと障害福祉事業所の両方の許可( 『介護輸送に係わる法的取扱いについて』 平成18年9月通達)が必要ですが、費用や人材等の問題で採用している法人は少数です。

  • 当社では、特に視覚に障害を持つ方の外出支援を中心に活動を行っています。特に交通過疎地に居住する視覚障害者にとっては、本人のみならず家族の高齢化等により、交通手段を失い益々外出が困難になっている方が増加しております。(本県において、視覚障害に基づく1級・2級の障がい者手帳を所持する者の約8割(3,775 名・H30.3.31)は、65歳以上です)

バスやタクシー等に頼らず、ヘルパーさんの自家用車を利用して移動します。


Q:ヘルパーさん2種免許所有者ですか?

  

A:当事業所のヘルパーさんは当社が併設する「国土交通大臣認定福祉有償運送講習」の講習修了者です。また使用する車両は鹿児島陸運支局に登録されており、同じく併設する介護タクシーの運行管理者(国家資格)により一般タクシーに準じた運行管理を行っています。

Q:営業区域は?

 

A:運行許可区域は、県内全域ですが、現在の当社の障害福祉サービス提供地域は、鹿児島市(桜島を除く)、日置市、南さつま市、南九州市、枕崎市です。

  • ※離島などにお住いの方で、鹿児島市内の病院などに通院する場合は、ご利用可能です。

 

Q:運賃はどうなりますか?

 

A:同行援護や通院等介助等の障害者福祉サービスと併せて利用する場合に限り10分300円で利用出来ます。

  • 長時間や遠距離、定期利用の場合は別途ご相談下さい。
  • ご家族や介助者の同乗も可能です。


 

 

誰もが、心あたたまる関係性を持った社会。それが、FUKUICHI の願いです。